楽譜・音程1楽譜・音程2|楽譜・リズム1|楽譜・リズム2楽譜・音程+リズム楽譜・強弱

楽譜の読み方・リズム1

リズムは、時間的要素を、どのように刻むのかを、音符のマークにより、表現します。 音程で利用した同じ曲、「鎌倉」の4小節までの楽譜を下に示します。

鎌倉の楽譜

上の楽譜のマーク4分の4拍子 は、1小節の中に、4分音符(4分音符)が、4つありますという意味です。 4分音符とは、だぶん、4拍子の場合、1小節を4つに分けた場合の基準の長さのこと を意味するので、このような名称がついたのではないかと思います。 4分音符は、メトロノームなどの演奏速度を示す基準になる数値、テンポを指定する場合に 用いられます。例えば、テンポ=120という意味は、4分音符ベースの場合、 「1分間に4分音符が120回」鳴ることを意味し、1秒間に換算すると、2回鳴ることになります。 (1分間に60回で時計の秒針の速さ)

今回の「鎌倉」では、4分音符のテンポ指定が、「120」になっていますので、 それに合わせた、メトロノームの音を聞いてみてください。 メトロノームの音を、音符で表すと、下のようになります。

1小節目2小節目3小節目4小節目
4分音符4こ 4分音符4こ 4分音符4こ 4分音符4こ

上の表では、各小節は、等しく、4分音符により、刻まれます。ただ、各小節の頭の音だけが、 強い音(強拍)になります。このメトロノームの時間刻みを、基準にして、音符をどこで鳴らし、 どこで終わらせるのかを決めていきます。しかし、1番短い音は、4分音符ではなく、 8分音符(8分音符)が使われていますので、分かりやすくする為、8分音符の時間刻みまで、細かく 見てゆくことにします。

リズムの続きへ


スポンサードリンク

ギター・練習曲
ギターとは?
  ギターの歴史
  ギターの種類
ギターの弾き方
ギターの伴奏法
楽譜の読み方
お気に入りギター曲
リンク集
サイトマップ
サイト紹介
アンケート(質問)

楽譜の読み方
2←[3]→4


チケットぴあ