クラシックギターの弦

クラシックギターの弦は、昔、ガット弦と呼ばれ、小羊の腸を利用して作っていたようです。 今では、ほとんど、ナイロン弦が、使われています。 クラシックギターの弦には、下の表のように、いろいろなメーカ(ブランド)があるようです。

ブランド名生産国名ローマ表記
オーガスティンアメリカAUGUSTINE
ダダリオ・プロアルテアメリカD'Addario Pro Arte
ハナバッハドイツHANNABACH
サバレスフランスSAVAREZ
ガリストリングスイタリアgalli strings
エクセレンス・セシリア日本EXCELLENCE CECILIA
ヤマハ日本YAMAHA

弦の種類は、大きく分けると、3つぐらいに分かれるようで、それらをさらに強調した ものもあるようです。分類の呼び名も、各メーカにより、それぞれ、異なっているようです。

ギターの弦の種類

音色呼び名特長
明るいハイ、ハードコンサート等に用いられる
普通ノーマル、ミディアム標準品
やわらかソフト、ロー手にやさしい(初心者用)

弦の種類の呼び名は、上の表の言葉に、「テンション」と続く場合が、多いようです。

楽天市場
クラシックギターの弦

ギター・練習曲
ギターとは?
  ギターの歴史
  ギターの種類
ギターの弾き方
ギターの伴奏法
楽譜の読み方
お気に入りギター曲
リンク集
サイトマップ
サイト紹介
アンケート(質問)

ギターグッズ
1←[2]→3



クラシックギター弦
クラシックギターの弦