ギターの持ち方右手と左手|チューニング|楽譜とギター

ギターのチューニング(調律)

まずは、基本的なチューニング方法で、おおざっぱな調整をしておきます。 ここでの調整は、5弦のAを音叉で合わせ、その他は平均律チューナーを使用しないで行なっています。

☆上に掲載されている音声ファイル(MP3)は、ここで説明している調整済みのチューニング音です。
又、下の画像にリンクしている音も調整済みの音声ファイルです。参考にしてください。

tuning

次に、微妙な調整に入ります。この調整を行なうことにより、よりきれいな響きが得られると思います。

以上により、3弦と2弦の開放弦の組は、3度音程として、ほとんど平均律に調整されます。 又、3弦の第4フレットと2弦の開放弦を通常にオクターブで合わせてもいいかと思います。 結果的に、第6弦を基準にすると、第1弦は、平均律と比較して、約8セント程低くなるので はないかと思います。

いずれにしても、6から3弦を合わせるのは、そんなに難しくないと思います。 また、2と1弦を合わせるのもそんなに難しくないと思います。 一番難しいのは、6から3弦と2から1弦のその2組みを程よく調和させることで、 より美しい響きのチューニング結果が得られるのではないかと思います。 上の各弦の6弦の音階名に、リンクしてある音声ファイルは、調整済みで 比較的、良好な状態のチューニング音です。参考にしてみてください。

キタラン自身も、この調整方法は、厳密に理解していませんが、平均律の調律とは違った 雰囲気の、チューニングがあり得る事だけは確かだと感じています。 又、キタランの場合、合奏しない時には、A=440Hzは、あまりこだわらず、6弦での調和を重視しています。

ヒント:平均律と純正律との4度音程の誤差は、約2セント程です。(音程の高い弦を低く調整する)
2セント程度の微妙な調整なので、かなり難しく感じられるかもしれません。そんな時は あまり深く考えずに、平均律式の通常の調整をしたほうがいいかもしれません。 幾度か調整していて、いずれ気が付く時があるかもしれませんので、気長に挑戦してみて下さい。

  • 平均律:最も一般的な調整法で、現在ほとんどの音楽に用いられている音階基準。
  • 純正律:異なった2つの音が、最もきれいに響くように調整される音程基準。

チューニングには、この他、特殊な方法として、オープンコードチューニング(G,E,D)と呼ばれるものもあるようです。 また、基準ピッチ(A=440Hz)は、他に、444Hz、442Hzなど、さまざまな値が使われているようですが、444Hzは、 特に響きが心地よく体にもいいようです。


スポンサードリンク

ギター・練習曲
ギターとは?
  ギターの歴史
  ギターの種類
ギターの弾き方
ギターの伴奏法
楽譜の読み方
お気に入りギター曲
リンク集
サイトマップ
サイト紹介
アンケート(質問)

弾き方
2←[3]→3a


All About スタイルストア